躁うつを助けてくれるワールドエンドヒーローズの話

今年の夏はそれはもうびっくりするくらい引きこもっていました。引きこもり慣れているわたしでもびっくりするくらいの引きこもり具合でした。
情緒が不安定なせいなのか体調も不安定になっていました。それに薬の副作用などが重なって何もできない日が続く……。マジで虚空を見上げていたら1日が過ぎていた、みたいなこともあり、しかしそれはそれで1日何もしていなかったという罪悪感に襲われるという負のループ。
そんな中で唯一の救いがソシャゲ。本当に救われた~~~~~。何がいいって、最悪起き上がれなくても大丈夫だというところ。枕元で充電しているスマホを手に取るだけでいい。まあ何事も成しえていないという感覚は消えないのですが、少なくとも何もしていないわけではないからオッケーオッケー(自己採点甘め)。

というか、ソシャゲのログインボーナスってやばいんですよ。肯定感が。スマホを手に取ってアプリを開いただけで何かしらがもらえたりするわけです。それってめちゃくちゃ居場所じゃないですか。「生きていていいんだ……」という感じがする。
ログインボーナスだけでも肯定感を得られるのに、デイリー課題をクリアなんかしてみてごらんなさい。半端ないから。毎日虚空を見上げては「何もしていなかったな……」という日々にグッバイ。だってデイリー課題、クリアしてますから。石、もらいましたから。


worldendheroes.jp

わたしが主にプレイしているのはワールドエンドヒーローズ(通称:ワヒロ)というゲームです。ワヒロくんは女性向けスマホゲームを名乗っていたのですが、どちらかというと少年漫画的な世界観とストーリーになっています。「名乗っていた」と書いた時点でお気づきの方もいるかもしれませんが、ワヒロくんはいつからか「女性向け」を名乗らなくなりました。自覚あったんかい。

ワヒロくんのいいところはログインボーナスとデイリーボーナスでプレイヤーを甘やかしてくれるところだと思っています。ログインしたらダイヤ(石)がもらえるし、デイリーボーナスを全部クリアしたらまたダイヤがもらえる。わたしはほかのソシャゲに疎いのですが、こんなに配っていいの? ってくらいダイヤがもらえます。でもバラまきにはならないちょうどいい塩梅になっている(個人の感想です)。
石の扱いってとても難しいと思っていて、もらいすぎてもそれはそれでやる気が削がれるんですよね……。課金どころかレベルアップなどの努力をしなくてもガチャがガンガンに回せてしまうと、それはそれで「もういいか」と思ってしまうタイプなので。


worldendheroes.jp

あと本当に世界観とストーリーが最高。
「イーター」という生命体と戦うために、「血性」と呼ばれる適性を持った少年たちが「ヒーロー」になる、というお話です。
メインキャラクター15人はそれぞれの高校の代表としてヒーローをやっています。ヒーローであり、ただの男子高校生でもある。
15人がそれぞれの価値観に基づいた「ヒーロー像」を持っているというところがワヒロの最高なところだと思っています。

個人的には大好きな漫画のひとつである『ワールドトリガー』に近いものを感じるというか、『ワールドトリガー』が好きな人はハマってくれるんじゃないかな、と勝手に思ったりしている。

ワヒロくんのメインストーリ―は濃厚で少年漫画的で、新しいストーリーの配信をワクワクしながら待っているくらい素敵なんですけど、わたしの癒しになっているのはアライブチャットというストーリーです。
15人のヒーロー達と「アライブチャット」と呼ばれるメッセージアプリでやりとりをしている、という体のストーリーなんですけど、これがもうほのぼのしていていい……。ヒーローである彼らの男子高校生の部分がふんだんに詰まっていて癒されます。アライブチャットを開放するストーリーキーも、週1回くらいのペースで報酬としてもらえるので嬉しい。
季節のネタだったり、なんでもないやりとりだったり、彼らとのメッセージはとても癒されます。なにせ友達があまりいないので。
しかもネタが細かいんですよね。アライブチャットにもLINEみたいにアイコンがあるんですが、キャラクターそれぞれのアイコンに個性がバチバチに出ていて良い。見るたびに「そうだよね~君はそういうアイコン使うよね~」と公式の解釈にうなずくことができます。
その上文章の打ち方にも個性を出してくる(個人的にこれは本当にツボ)!!!! 「…」の代わりに「。。。」を使うキャラクターがいたり、理系らしく文末が「.」になっているキャラクターがいたり。「わ、わかる……」と画面の前で屍になることができます。

ワヒロくんは今のところイベントが月2回開催になっていて、これもちょうどいいなーと思うところです。推しイベントじゃなければそんなに走らないタイプだということもあり、こつこつと進めていくのにちょうどいいペース。しかもイベント開始時点からこつこつと進めていたら、確定報酬をそこそこもらうことができて、達成感も得られる。


ワヒロくんをやっていると、真剣に「ヒーロー」という生き方と向き合っている彼らに憧れて、自分も少しずつ頑張ろうと思えるようになってきます。「ヒーロー」だからなのか彼らは優しくて人を否定しないので、そういうところもとても好き。

あと本当にソシャゲのログインボーナスとデイリーボーナスによって「生きてていいんだ」を得ているので、ワヒロくんじゃなくてもいいからソシャゲはお勧めしていきたいです。


8/31が推しである遠野光希くんの誕生日で、光希くんのピックアップガチャがあるので、全力でガチャを回します