37.1

占いに行った。

先輩との食事の後に占いに行こうという話になって、ふたりでタロット占いをしてもらった。わたしは2019年の恋愛、全体、健康について。

はじめてお金を払って占いというものをしてもらったけど、とてもおもしろかった。

恋愛についてズタズタに言われた後に全体運を見てもらったら「恋愛なんてしてる場合じゃないくらい活動的ですよ!」と言われた。マジか。

ここ数年、健康面・精神面やスケジュールなどさまざまな理由から「恋愛なんてしてる場合じゃない」って言われ続けているんだけど、いつその場合になるんだろう。ずっとそのターンが来ない可能性、普通にある。

 *

年賀状を買うのを忘れていた。

知人から「年賀状を送らせてください」という連絡がきて嬉しかったので「わたしも送ります」と返したのだけれど、普通に忘れていた。

年賀状を送る人だったり、部屋が綺麗な人だったり、肉親と仲のいい人に憧れているけれど、憧れているだけ。やる気がないのかもしれない。

年賀状を出すのは久しぶりで、何を書いたらいいのかわからない。

新年の挨拶なんて仲良くしたいとか話したいとか下心でしか使ったことがない気がしてきた。真心が欲しい。

*

12月の記憶がとことんない。

体調を崩しているのにスケジュールを詰め込んでいる上に、泊まりで遊んだり朝まで飲んだりしているので、何度目かわからないくらい体調を崩している。もう年末。

身体が冷えてだるさとしんどさに襲われることが多かった。あっためる方法を模索しているけど、暑がりなんだよなあ。

*

鳥飼茜さんの『漫画みたいな恋ください』を読んでいる。

やっぱりひとの日記はおもしろい。

クリスマス前後で帰省していた姉と少し意見がぶつかった後に、その件について考え込んで難しい顔をしていたら、姉にとってはそれが悲しい顔に見えたらしい。欲しい本を買い与えてくれた。

同じ姉妹なのに考え方や生き方が随分違って、それに対してわたしはコンプレックスもあるのだけれど、姉はどうなんだろうか。

よくわからないひとだからなあ。

*

最近、友人や先輩・後輩からエッセイやブログを読んでいることを伝えられることが増えた。ありがとうございます。

個人的に好きな後輩から「こんなことまで読んでいいのかなって思います」って言われたけれど、わたしもこんなことを書いていいのか常にわからない。

でもいろんな人から「読んだよ」とか、読んだ上で「お話しよう」とか連絡がくるのは嬉しい。

本当に心から口頭で自己開示をするのが苦手なので、SNSとかエッセイやブログを見てもらったら自分の人間性がわかってもらえたら楽だなあと思ってしまう。しかしそこで楽をするのは違う気もする。

来年はいっぱい書けるといいな〜〜。

*

ウールワンピースを買った。

古着屋さんのツイッターをフォローしていて、花柄のウールワンピースの画像が流れてきた瞬間に電話をかけて取り置きをお願いした。

冬用のワンピース、寒いのが多かったので嬉しい。

ついでにそれは合わせられるような大きめのピアスを買って、自分へのクリスマスプレゼントということにする。気持ちの問題。

いつおろそうか、タイミングを見計らっている。悩みどころ。

*

最近人からおすすめの本を聞かれることが何度かあって、相手によっておすすめを変えるのが楽しい。

本の貸し借りをする相手もいて、「あなたはこれが好きそう」という気持ちがお互いにあるのがいい。

なんなら何も言われていないのに、あの人にはあの本を勧めたいとか妄想をしている。

いつか役に立つといい。

*

『bread&butter』の新刊を読んだ。

翌日にはパンを焼きながら旅をする夢を見た。

単純な頭が微熱によってより単純になったために起こったしあわせ。

*

今年はいろんな人にお会いする機会をいただいた。

来年もがんばろう。