相変わらずつれづれ

最近お茶が美味しい。胃が悪くてそれをごまかすために炭酸ばかり飲んでいたら、久々に飲んだ緑茶のうまさにやられてしまった。
でもなんだかあったか〜い飲み物が苦手。これは昔からで、あったか〜いを飲むと喉の奥が変な感じになる。あったか〜いで唯一飲めるのはホットレモン。
冷え性なのに冬でも冷たい飲み物ばかり飲むからどんどん冷えていく。桐灰のホッカイロがお友達。

昨日は久しぶりにヒールを履いた。多分5cmくらい。
普段はペタンコの靴ばかりを履いているので慣れないけど、5cmって足の角度が綺麗だなーと思った。
しかし痛い、とにかく痛い。帰宅して靴を脱いだら左足の小指の爪から血が出ていた。どおりで。
慣れないことはするものじゃないな〜と思いつつ、ロングスカートにも膝上のスカートにも合わせたらかわいいだろうし、やめたくない。
痛い靴を履くのにどうしたらいいか、とたずねたら知人から「足が靴に合うのを待つ」と言われたことがあるので、そうするべきなんだろうか〜。外反母趾の予感。

ここから年末にかけて予定が詰まっている。
空いているのが24日と29-31日というスケジューリングなのだけれど、なんでよりによって24が空いたのか。別にクリスマスに何かをしたい人ではないんだけど、そこにだけ予定が入らなかったというところがなんか嫌だ。
アルバイト先は祝日は休みなのでアルバイトもできない。一人でゴロゴロするクリスマスイブ……。
母からプレゼントなのか、明太子を大量にもらったのでそれでも食べて過ごすことにする。

新しい靴が欲しい。
大学のある地域があまりにも寒くて、末端冷え性を殺しにきているとしか思えないので、あったまるような靴が欲しい。
と思っていたらあったまるような靴ってなかなかに高くて、そこにかわいさがプラスされるとさらに高い。
今狙っているのがNe-netの靴なのだけれど、あったかいのかは謎。見た目のかわいさだけで結局選んでしまっている。
履き心地はまあ勝手に信頼しているので、なんとかなって欲しいなあ。

先週の土曜日に薬が変わってから胃の調子が本当に悪い。常にひっくり返る。
先生からは「気持ちが元気になる代わりに吐き気がするかも」と胃薬だか吐き気止めだかも一緒に出されていて、本当にその通りになっている。ただ胃薬だか吐き気止めだかがなかなか効かない。
それでも気持ちは確かに正常というか、状態が良いので逆に変な感じがする。元気ってなんなんだろう。
薬で気分が変わると(この言い方だとやばい薬みたいだけど違います)、自分の気持ちというのは案外自分のものではないんだなあと思う。気圧とかホルモンとか? よくわかんないものに影響されまくっている。

月曜日には大学でいつも一緒にいる友達と立ち飲み屋で恋愛の話をして、叱られたりなどした。
その翌日にも大学の先輩と恋愛の話をした。なんかいい話を聞いた。
二人からは基本的に「気になる人ができた段階で恋人の有無を聞きなさい」という指導を受けた。気をつけます。でもそれが難しいんだよな〜〜ヘタレすぎる。
クズを容認してしまう時点でわたしもまたクズなんだろうなとも思う。深淵を覗く時深淵もまたなんとやら。
先輩からは「時効警察を見て記事を書いてくれたらそれだけでいい」とも言われたので検討中。後輩にもうちょっと期待してくれてもいい。

上述した通り、25日までに大量の明太子を食べ切らなくてはいけないのだけれど、家でご飯を食べる日がなかなかに少ない。しかも吐き気が収まりそうにない。危機感。できれば明太子チャレンジはしたくない。

おわり