単位、生きて

大学生っぽいこと書きま〜〜〜〜す。

昨日、来年度にやるプログラムの準備をする授業の中で教授と雑談していたら「2年後期の頑張りで卒論の出来が変わる」みたいな話になった。
これは普遍的な話ではなく、そのプログラムによる単位が関係した話なのでうちの大学のうちの学部だけの話だと思うんだけど。
曰く、2年後期までに頑張って単位を取っていた人たちは4年で余裕を持って学校に通えるから研究も真面目に取り組めるんだそうな。そりゃそうやな。そしてそこまで真面目にやってきた人なら卒論のレベルも必然的に上がるだろうね。
メンタルボロついちゃう病の関係で2年後期の単位がほぼ死んでいるわたしとしては卒論の余命宣告をされた気分でつら〜〜〜〜となった。天を仰ぐ。
で、ぽろっと「今期の単位もう死んでますもん」とぼやいたところ、教授の目がカッと開いた。

「単位は死んだと思ったら死ぬぞ!!!!」

まじか〜〜〜〜〜〜!!!!!!
出席日数が足りないことでお馴染みの先輩方から聞いてきた台詞を教授から聞くことになろうとは思いもしなかった。
そうか……単位……諦めたら死ぬのか……。
わたしは病気とか怠惰とか(並べちゃいけないやつ)で休みがちになる時があるので「諦めれば生き残る単位もある。取れるという顔をしていれば単位を取得できる」という教授の言葉はありがたいんだけど、真面目に出席してる子からしたらどうなんだろうな〜〜〜〜とは時々思う。まあ真面目だから良いってもんでもないんですが。そのあたりが難しい。
まあまず怠惰とかの前に「この教授とはガチで考えが合わない」→「落とそう」という発想で講義を放棄することを改めるべきなのかもしれない。もしかしたら期間通して聞いてたら気があうかもしれないし。洗脳かな?
一応そういう時は半分くらい出席してから落とすかどうかは考えてるけど、履修中止できなくなるので成績が下がる下がる。気にしてないけども。

ミネストローネ

暇なお昼のメモ

*

ミネストローネが好き。

この季節はいろんなところでミネストローネが売られるので簡単に少しだけ幸せになることができる。

通学途中でロッテリアのミネストローネを飲むのがとてもよい。お腹があったまると体も心もあったまる。

苦手な食べ物は「生のトマト」なのに、好きな食べ物は「ナポリタン」とか「ミネストローネ」とかトマトに熱を入れたものばかりで我ながらおもしろい。子供舌なだけかもしれない。

*

ブログデザインを変更してみた。

正直よくわかってないんだけど、このブログにはピンクを使いたくて、スマホ版の表示もピンクにしてみた。

好きな色は緑だけど、ここはピンクがいい。不思議。

*

最近は寒い。

部屋を片付けて、床に積んでいた本がなくなったら更に寒くなった気がする。床から寒さが伝わってくるのを遮るものがなくなった感じ。

今年は新しいマフラーを買った。

小さい頃にマフラーをしている小学生の首を絞める不審者の話を聞いてからマフラーが苦手になった。

そういうわけで結局、去年買ったスヌードばかり使ってしまっている。スヌードで首を締めるのは大変そうだから。

*

今まではスケジュール帳がどんどん埋まっていくことが嬉しかった。日々を「消費」してる感じがしてよかった。

だけど最近はスケジュールがプレッシャーに変わっている気がする。

病院の先生にも「1日に入れる予定はひとつにしなさい」と言われてしまった。

楽しく過ごす方を見出したいなあ。

*

足元から冷えるので靴下を買いたい。

60デニールのタイツで京都の冬を越えられなさそう。80デニールはほしいなあ。

*

おわり

ピザと友人

 

ピザ、と聞くと、埼玉のアパートの一室でスプラトゥーンをしながらデリバリーピザを食べた日を思い出す。

Nという友人の部屋に行ったのは、好きなアイドルの公演を観に行くためだった。

最終日はNと2人で遊ぶために予定を空けていたけれど、前日に2人とも深夜まで起きていたせいかなんだかだるくて、きっちり立っていなかった計画はどちらからともなく流すことになった。

外に出るのも面倒で、ピザを頼んだ。

 

Nは、ちょうどいい距離感の友人だ。

彼女は高校の頃の写真部の同期で、高校2年の時はクラスも同じだった。高校を卒業して、彼女は写真の勉強をしに関東に進学した。

べったりする友人という感じではなくて、彼女は彼女で、わたしはわたしでやりたいことや興味のあることがあって、お互いにそれを報告し合うだけのような関係。

LINEも時々しかしない。お互いに気まぐれに連絡を取り合う。何かいい知らせがあったり、好きな男の人ができたら報告して、時々「いつ帰省する?」なんてやりとりをする。

Nが帰省をしたら会って、高校生のようにカラオケではしゃいでみたり、一緒にお酒を飲んでみたり、彼女の撮影について行ってみたりする。

 

いつもわたしが関東に行くたびに「2人で遊ぼう」と言うのに、ついぞ遊んだことはない。サンリオピューロランドに行ってみたいと何度も言っているけれど、詳細な計画が立つこともない。

 

そうやっていつも通りのアパートの一室で、2人でなんでもない話や小さな愚痴をこぼしながら、ピザを食べた。

調子に乗って二枚頼んだピザは2人で食べるには多くて、余ったピザをNは「明日彼氏が来るから一緒に食べる」と言いながらしまっていた気がする。

結局あのピザ、どうなったんだろう。

 

わたしとあなたのインターネット

 

インターネット依存症だね、みたいなことを、結構言われる。

まずわたしはインターネットの言葉の定義をはっきり理解できていないと思うし、多分わたしにそれを言う誰かも、理解できていないと思う。

でも実際、常にスマートフォンは手元にあるような気がするし、スマートフォンをいじっていなければ、パソコンで作業をしていることが多い。それらの媒体がなくなったらかなり困るであろうということは昨日のSoftbankの通信障害でも分かった(わたしはauユーザーでしたが)。

 

依存症とか中毒とか言われると悪いことをしているみたいで恥ずかしくなってしまう。しかも扱っているものが比較的新しい媒体であることもあってか、罪悪感を覚えたりする。

週末にフットサルしてストレス発散してます! みたいな人が「フットサル依存症」とか「フットサル中毒」とか言われないのになあ、とかも思ったりする。費やしている時間は違いすぎるけれど。

 

わたしは文章を読むのが好きで、インターネットが好きで、堪らない。

いろんな人が思い思いのことを書いて、繋がって、広がって、溶け合っている。

人それぞれに使う言葉があって、それらの選び方があって、伝えたい気持ちがある。その中でわたしたちはいつも、共感したり反発したり感動したりしている。

 

なんだかわからないんだけど、わたしはインターネットで出逢った人がたくさんいる。

写真とか、イラストとか、言葉とか、みんなそれぞれ使っているものは違うけれど、何かで通じ合って「仲良くなりたいです」ってラブレターのような言葉を送って、繋がったり繋がらなかったりする。

インターネットでの交流を始めたばかりの頃に出逢った友達とはもう9年の付き合いになっていて、わたしの恥ずかしいところも嫌なところもいいところも、多分彼ら彼女らは嫌という程知ってくれている。

オタク趣味で出逢った友達は一回り以上年上だけど、本当にぴったり趣味や考え方があって、今ではお互いに同じ年齢の友達のようにお話をしたりする。

現実の場で出会った人でも、仲良くなったり食事をしに行くくらいの関係になったりしたきっかけは、SNSだったりする。

 

ずっと狭い教室にいることがつらくて、学校に行けなくなった頃も、インターネットの中にはいつも誰かがいて、友達になったら知り合いになったり憧れたり喧嘩したりしていた。

世界は広くて、あなたの知らない人もいるんだよって教えてくれる場所がここだった。

こんなにも気の合う人や、こんなにもお互いを尊重できる人がどこかにはいたんだよって教えてもらっていた。

 

珍しいのかもしれないけれど、わたしは今も初期のインターネットみたいに「はじめまして あなたの言葉を読みました」「あなたの作品に感動しました」って言いに行く。

わたしにとってここはここにいない誰かとつながる場所で、わたしを助けてくれる場所だから。

 

何が起こるかわからないここで、誰かと出逢って、誰かと繋がって、誰かとなにかをつくってみたい。

 

根拠のない罪悪感は拭えないし、やっぱりちょっと恥ずかしいけれど、これからもインターネット依存症でいるんだろうな、と思う。

 

素敵な人とたくさん出逢えて、インターネットには感謝しかない。

 

なんていうか、要は、好きな人に好きって言える場を与えてくれてありがとう、ということです。

 

2018年12月4日

 

2018年、もう終わるな〜〜。

12月頭だよって言われるかもしれないけど、結局前の記事で書いていたtorincoの手帳も買ってしまったし、2019年のカレンダーも届いた。

今年のスケジュール帳を見ていたら12月はほぼ毎週飲み会をしていて、多分お酒を飲んでいるうちに年を越えるんだろうなと思った。

 

大掃除をしたいな、と思っている。

昔から掃除が本当に苦手なので、大掃除も何をしていいのか、何からしていいのかがあまりわからない。困る。はてなブログで大掃除で検索したりしている。

 

年が明けてもいつもは何もしないんだけど、2019年は目標がひとつだけある。

貯金ときれいな部屋の維持。

すごい当たり前だな〜〜と思った???? ほんまにな。

 

www.dinos.co.jp

 

貯金しながらきれいな部屋を維持することができたら、これがほしいなーと思っている。

ミッフィーのルームライト。めちゃくちゃ大きいやつ。

ブルーナボンボンがほしくてたまらなかったんだけど、バルーン素材は静電気が発生しすぎるかな、と思った。

80cmあるらしいので間違いなく親の反応が悪いだろうけど、ルームライト欲しかったし(80cmはでかいけど)。

 

平成最後の〜っていう文言ももう聞かなくなるんだなあ。

別にそこにエモさを感じる人間ではなかったけど、なんか不思議な感じがする。

 

今日はオーバーオールを着てるんだけど、不思議な安心感がある。

 

 

飲み会でマーライオンにならないためにすること

今夜はめーっちゃ憧れてた人たちとお酒を飲む。
しかし、飲み会では楽しくて調子に乗ると危うくマーライオンになりかける体質なので、これからマーライオンにならないためのメモ(自分用)。マーライオンが何かは察してほしい。

以下、マーライオンを避けるために必要なことリスト。


(1) 調子に乗らない
一番大事。普段はサシ飲みばっかりするから、3人以上で飲むとすぐに調子に乗る。酔っぱらうことでコミュニケーションの円滑化を図りがち。だいたい迷惑をかけているから本当にやめたほうがいい。
でも元々発話でのコミュニケーションが苦手だけど、お酒が入るとちょっとやりやすくなる。わかる話でもわからない話でもアルコールが入ると楽しくなっちゃう(笑い上戸)から、とりあえず飲もうとしてしまう。シラフ・カンバセーション、大事にしたい。


(2) 一杯目から飲まない
どうせビール飲めないんだから一杯目はソフトドリンクにする。喉が渇いた勢いで煽るのはアルコール弱者にとっては致命傷。
できるだけ早くお酒に移行したい気持ちもあるので、ちびちび飲んでしまうウーロン茶ではなく、勢いでいける炭酸系がベスト。二杯目からは飲む。Happy!


(3) 調整する
二杯目から飲むことはもちろん、絶妙な調整をかける。ソフトドリンク→お酒→お酒→ソフトドリンク→お酒くらいのバランスだとなかなか酔わない(わたし調べ)。調子に乗って連続でお酒を飲みすぎると心臓がバクバクして、マーライオン化のサインが出始めるので気をつける。


(4) ラムネを仕込む
一回生の時に、当時四回生だった先輩から教えていただいた。飲み会の前にはコンビニで必ずラムネを買う。ブドウ糖ラムネがいいらしいけど、個人的にはトーマスラムネがビジュアルも味も気持ちいい。甘くておいしいし、よい。どうせプラシーボでしょ???? と思っているからラムネ自体にこだわりはない。


(5) 飲まない
これができたら苦労しないけど間違いなくベストアンサー。明らかにお酒に向いてないんだから諦めることも大切。しかしお酒飲みたいんだよな〜〜〜〜〜〜気持ちよく酔える確率と寝るorマーライオン化がフィフティフィフティなのになぜなのか。あほやん。
お酒で理性や記憶を飛ばすことへの憧れがある気がするんだけど(自分がそれで何をするのかという純粋な興味)、理性も記憶も普通に残ったまま、ただマーライオンになるので飲まない方がマシ。おそらく理性と記憶飛ばせるレベルで飲んだら命も飛ぶし。フライアウェイ。


ちなみにお酒飲むのは大好きだけど弱め。適量が氷結0.8缶。ほろよい1缶で酔いながら就寝の民。……だったんだけど最近ちょっとマシになった。
1000ベロどころか200ベロくらいなので「酔っぱらう」ということに関してはめちゃくちゃコスパがいいです🙆‍♂️嬉しくない! 酒飲み家系の遺伝子を一人だけ継げなかった(お酒が好きという性格だけを受け継いでしまった。しかし飲めない。遺伝子側の完全なるミス)。

しんどいときに聴く曲

だいたいここ2ヶ月くらいでしんどかったときに聞いてた曲を書いておく。
ここ2ヶ月くらいは調子がよくなかったので、調子がよくないとかはこの曲を聴きましょうリストとして自らが活用します。


私へ

私へ

☝️一番好きなバンド、GOOD ON THE REEL。歌詞がとても好き。しんどいときは言葉の入ってる曲が聴きたくないんだけど、そういう時に聞いてもしんどくない。一時期ずっと聞いていたから千野さんの声に慣れてしまっている。

小さな部屋

小さな部屋

☝️またGOOD ON THE REEL。ドラマのEDソングになった曲。夕方のあたりにゆっくり歩いて帰りながら聴くのがベスト。

宝石の雨

宝石の雨

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250
☝️とにかく音が綺麗で気持ちいい。よく響くのでお風呂場で聴く。

⎹⎹ (Frozen Time)

⎹⎹ (Frozen Time)

  • mol-74
  • ロック
  • ¥250
☝️落ち着く曲。これが収録されてるアルバムが好き。アルバム全部聴くと駅から家まで相当ゆっくりなペースで歩くのにちょうどいい時間くらいなので、そういうときに聴いている。

Girls

Girls

☝️音が染み込む。歌詞がないから、言葉で疲れてる時は本当に助かっている。

Pretty Funny

Pretty Funny

☝️世界で一番大好きなミュージカルの劇中歌。日本語版も好き。

Melodion

Melodion

  • no.9
  • エレクトロニック
  • ¥150
☝️ジャケットがかわいくてApple Musicでインストールしたらとても素敵な曲だった。歌詞がなくていい。

君のカノン

君のカノン

  • haruka nakamura
  • J-Pop
  • ¥250
☝️とにかく素敵。どことなく聞こえるざわめきがめちゃくちゃいい。古い学校の音楽室にこっそりいるみたいな気分になる。

A Poem In Braille

A Poem In Braille

  • Dom Mino'
  • エレクトロニック
  • ¥200
☝️音が落ち着く。いろんな音が混じってる感じがして、眠たくなれる。

eggs.mu
☝️諭吉佳作/menさん。個人的にこの方の曲は全部好きだししんどい時も全部聴くけどこれが一番よく聴いている。いろんな曲が好きだし、音が楽しい。

eggs.mu
☝️リンク貼ってるけどこの曲ではない。同CDに収録されている「ハマナス」をしんどいときは聴いている。

恋と退屈

恋と退屈

  • ズーカラデル
  • ロック
  • ¥250
☝️しんどさに効くズーカラデル。聴いてて肩の力が抜けてくる。YOU AND I NOW AND FOREVER なんてね〜〜ってところを口ずさみたくなる。

夢の恋人

夢の恋人

  • ズーカラデル
  • ロック
  • ¥250
☝️のんびり歩けるようになる。なんだか部屋にラグを敷きたくなる歌。

teenage lovers

teenage lovers

☝️声が好き。目を瞑りながら聴くのが良い。


とりあえず以上〜〜。
気分のしんどさは気温と日照時間と関係するらしいので、イヤホンしながらひなたぼっこする。

大学でもサークルでもアルバイトでも趣味でも文字に触れているからなのか、しんどいときはだいたい言葉に疲れている。そういう意味ではただ好きな曲のinstrumentalを聴いたりもするし、それに助けられたりもしてます。